본문으로 바로가기 주메뉴 바로가기

東区紹介

沿革 - 年度, 内容
年度 内容
三国時代 武珍州
940(高麗太祖) 光州
1895(李氏朝鮮高宗) 光州郡
1949.8.15 光州市
1973.7.1 大統領令第6544号(1973. 3.12公布)により光州市東区開庁(錦南路2街7-1)
  • 区制実施: 中部・東部・北部出張所を統合発足
1979.1.1 市条例第844号(1978. 11. 15)により2行政洞を設置
  • 山水2洞 → 山水2洞と山水3洞
  • 中興洞 → 中興1洞と中興2洞
1979.5.1 市条例第886号(1979. 4. 26公布)により1行政洞設置
  • 芝山洞 → 芝山1洞と芝山2洞
1980.4.1 大統領令第9630号(1979.9.26公布)による光州市北区庁新設のため管轄区域変更
  • 楊林洞、芳林1洞、芳林2洞 → 西区
  • 石谷出張所8洞、中興1洞、中興2洞 → 北区に管轄区域が変更
1985.11.1 市条例第1384号(1985. 10. 28公布)により行政洞統合
  • 瑞石1洞と瑞石2洞 → 瑞石洞
1986.11.1 法律第3808号(1986. 5. 8 公布)により光州市が光州直轄市に昇格
  • 光州市東区 → 光州直轄市東区
1988.5.1 自治区に昇格
1994.3.28 東区庁舎移転(瑞石洞31番地)
1994.12.26 大統領令第14434号(1994. 12. 22公布)により自治区間境界を調整
  • 北区斗岩1洞の一部(8,477㎡ )と豊郷1洞の一部(102㎡)を山水3洞に編入
  • 山水3洞の一部(8,393㎡ )を北区斗岩1洞に編入
1995.1.1 法律第4789号(1994. 12.20公布)により、光州直轄市が光州広域市に名称変更
  • 光州直轄市東区 → 光州広域市東区
1995.7.1 民選1期 区庁長就任
1996.10.30 東区庁舎新築
1998.4.27 東区条例第396号(1998. 4. 22公布)により行政洞統合調整、名称変更(13洞)
  • 大錦·忠ス·大義·. 忠錦·三成洞 → 忠壮洞
  • 東明1·2洞 → 東明洞
  • 鶏林1·2洞 → 鶏林1洞
  • 山水1·2洞 → 山水1洞
  • 南錦·瑞石洞 → 瑞南ホラ
  • 鶴1·2洞 → 鶴1洞
  • 鶏林3洞 → 鶏林2洞
  • 山水3洞 → 山水2洞
  • 鶴3洞 → 鶴2洞
1998.7.1 民選2期 区庁長就任
1998.12.21 東区庁舎増築
2002.3.25 東区条例第574号(2002. 3.12公布)により行政洞統合調整
  • 鶴1、鶴2洞 → 鶴洞
  • 池元洞 → 池元1洞、池元2洞
2002.7.1 民選3期 区庁長就任
2006.7.1 民選4期 区庁長就任
2010.7.1 民選5期 区庁長就任
2011.10.01 大統領令第23080号(2011.8.19.公布)により自治区間境界を調整
  • 東区山水洞の一部(47,420㎡)を豊郷洞に調整
  • 南区芳林洞の一部(54,093㎡)を東区所台洞に編入
  • 北区斗岩洞の一部(61,260.8㎡)を東区山水洞に編入
  • 北区牛山洞の一部(22,487.9㎡)を東区鶏林洞に編入
  • 北区中興洞の一部(93,711.1㎡)を東区鶏林洞に編入
  • 北区豊郷洞の一部(163,704.5㎡)を東区鶏林洞に編入
2012.12.20 民選5期 第6代区庁長就任
2014.7.1 民選6期 第7代区庁長就任