본문으로 바로가기 주메뉴 바로가기

文化観光

光州五層石塔

  • 指定番号宝物第110号
  • 指定日 1963年1月21日
  • 時代統一新羅時代
  • 所有者国有
  • 材料花崗石
  • 規模高さ7.24m
  • 管理機関東区役所

基本情報

光州五層石塔

光州市内には、東西に離れて2基の五層石塔がある。このうち、東側にある塔を東五層石塔という。 この辺りには栢川寺址があったとされているが、証明できる資料は発見されていない。 この塔は二重基壇の上に建てられたもので、下層基壇の面石には隅柱と撑柱が二つあり、数個の板石からなっている。

上層基壇の中石も同じく数基の板石からなっている。塔身部では、塔身と屋蓋石はそれぞれ一石だが、各層の塔身面には隅柱がある。 屋蓋石は軒と軒の間が細くて厚い形をしており、転角に近いほど直線で、上面で反転されている。 上輪部には露盤と覆鉢が残されているが、破損が大きい。1955年の解体修理の際に、4層の屋蓋石の上面で仏舎利裝置が発見された。 その後1961年に修理し直して一部の石材を補完した。塔身をはじめ各部が高峻に見え、新羅石塔の基本型を保っている新羅後半の石塔である。

出典:東区役所ー文化遺産 国家文化遺産情報サービスvisit.gwangju.kr/02_0201.html

位置

  • 光州広域市東区池山洞448ー4
  • 062-608-3333
グーグルでマップを見る

ツアー情報

ツアー情報  - 利用時間, 休日, 駐車場
利用時間 00 : 00 ~ 24 : 00
休日 なし
駐車場 なし