본문으로 바로가기 주메뉴 바로가기

文化観光

鶴洞ケヤキ

  • 指定番号-
  • 指定日 1994年2月18日
  • 時代朝鮮中期
  • 所有者全南大病院
  • 材料-
  • 規模-
  • 管理機関全南大病院

基本情報

鶴洞ケヤキ

全南大学医学部病院の位置するこの場所は、昔は漢陽から光州を経て和順に通じる大通りであり、周りに田畑と泉の多い村だったという。よって、この木は村前の真ん中にあった亭子木だったと推定される。ケヤキはニレ科に属する落葉広葉喬木として、昔から新木または堂山木として保護され、綠陰樹としても使われた。道路や河川、堤防などに植えて水害防止、道路表示、自然緑地づくりに活用してきた。文献によると、光州は無等山の光州川と秋月山の鳳山川が合流して極樂江を成し、栄山江に流れる周辺には森が多く、森の町を形成していたという。東林、徳林、柳林、新林、雲林などの地名からも数百年以上の歴史を持つ森と木が多かったことが分かるが、1960年代の都市開発過程で多くの森と木が伐採され、歴史性と風土性を失った。昔は林洞から錦南洞、南洞を経て和順に通じる道沿いに並木が並んでいたが、ここと瑞石洞のケヤキもその一部である。しかし、瑞石洞のケヤキは1970年代の都市開発で無くなり、鶴洞のケヤキだけが残った。 鶴洞ケヤキは申翊全の善政碑である千年頑骨石碑と共に残されている。大きさは高さ約20m、外周約6mで、樹冠の幅は約28m,東西約23mである。この木は、幹周の大きさや歴史的な由来を考えると300~350年前に植えられたものと推定される。一時若干の損失を受けたが、治癒・保護を行い現在は保存状態が良好である。

出典:文化財庁、東区役所ー文化遺産

位置

  • 光州広域市東区鶴洞8
  • 062-225-9993
グーグルでマップを見る

ツアー情報

ツアー情報  - 利用時間, 休日, 駐車場
利用時間 00 : 00 ~ 24 : 00
休日 なし
Charges -
駐車場 なし